>

税理士さんに依頼する前に

依頼する前に

普通のサラリーマンなどであれば、税の処理は会社がほとんどをやってくれるので、あまり意識しない人がほとんどでしょう。
なので、お金に関することは勉強しないと解らないことが多くあるはずです。
ですが、税理士に依頼する前にある程度は勉強しておく方がよいでしょう。
目的は、依頼する内容をはっきり決めておくことです。
さっぱりわからないからといって、何も勉強せずに依頼してしまうと、後から考えれば余計な費用が掛かってしまっていた、ということにもなりかねません。
あと、言うまでもないことですが、予算も決めておきましょう。
法人が税理士に依頼するときには顧問契約を結ぶことが多いです。
そのときにどこまでの業務をお任せするのか、それによって発生する報酬がどの程度なのかをきちんと相談の段階で確認しておくようにしましょう。

お金のことは税理士に

税理士はお金の専門家です。
相談すれば、多くの質問に的確に答えてくれるでしょう。
法人でない個人が税理士に相談するのは、多くの場合、相続関係か確定申告かのどちらかだと思います。
確定申告は毎年行うものですので、一度勉強してみて、わからないことがあればそこだけをピンポイントで聞くのがよいでしょう。
そうすることで、税に関する知識も深まりますし、思ったより税理士費用を安く抑えることができます。
相続関係の相談は、人生でそう何度もあるわけではありません。
なので、(もちろん自分である程度勉強してできることをしてから)思い切って税理士さんに相談、依頼してみるとよいと思います。
近頃はインターネットでお金に関する悩みを無料で聞いてくれるサービスもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする