>

かかるお金はどれくらい

税理士報酬

税理士さんに支払う報酬は、「売り上げ」か「作業量」によって決まるのが基本です。
すでに廃止された前述の税理士報酬規程でも定められていましたが、例えば税金を納める手続きを税理士さんにやってもらった場合には税務代理報酬がかかります。
税務書類の作成報酬は別です。
これは依頼した人の所得額に応じて、個人でも法人であってもその報酬の最大額が決まっていました。
このような報酬の決め方をすると、売り上げに対する報酬ということになります。
たいして、もう一つの報酬の決め方は税理士さんの作業量に応じて報酬額を決定する方法です。
こちらの報酬決定法は非常にわかりやすいです。
ですが、依頼を追加で発注すると、さらに料金が追加でかかることになります。

税理士業務にかかる費用相場

税理士さんの業務は様々です。
訪問業務、記帳代行業務、給与計算業務、決算、年末調整などがあります。
訪問業務とは税理士さんがクライアントを訪問して、会計データなどのチェックをして業務管理のお手伝いをするようなものです。
バブル時代には一年に一回くらいが普通でしたが、現在は月一回の訪問をする税理士さんが多いです。
一回当たり5000円から10000円ほどかかります。
記帳代行業務、給与計算は説明するまでもないでしょう。
それぞれ月ごとに行われることが多く、月1万円から3万円が記帳代行にかかり、給与計算は従業員あたり月1000円ほどが相場です。
決算、年末調整は一年に一回行われる業務で、決算では一回5万円から10万円、年末調整は従業員一人当たり1000円から2000円ほどの費用がかかります。


この記事をシェアする