お金の相談なら税理士に聞いてみよう!

税理士報酬に関するサイト

税理士報酬規程について

現代において生活するのに不可欠なのが「お金」です。
食べ物を買うためにはお金を払わなければなりません。
一所に住むには家賃が必要です。
持ち家を持っている方でも、固定資産税を払わなければ維持できません。
趣味に使うお金があった方が人生は豊かでしょう。
子供が生まれれば、お金がいりますよね。
将来のために貯金するとある程度の安心が買えます。
今挙げた例はほんの一部で、他にもお金が必要な場面は多くあります。
そんな何をするにも必要な「お金」ですが、必要だからこそお金に関する悩みは尽きません。
税金のこと、銀行などの金融に関して、株式とは何かなどなど、この記事を読んでいるあなたはきちんと答えられるでしょうか。
答えられる方は本当によく勉強されたのだと思います。
答えられない方がほとんどでしょう。
恥ずかしいことではありません。
そんなときに頼りになるのがお金の専門家である税理士さんです。
分からないことは専門家に聞くのが一番です。
インターネットが発展し、多くの人がパソコンやスマートフォンを持つようになりました。
そんな世の中の動きも手伝って、税理士事務所に足を運ばなくても気軽に相談できる環境になりつつあります。
すでに、インターネットで税に関する無料相談を実施している税理士事務所もでてきました。
もちろん、直接相談しても丁寧に対応してくださいます。
この記事では、お金に関する悩みの専門家である、税理士さんに相談するときのポイントについてまとめます。

お金のことは税理士に相談しよう

税理士報酬規程というものがあり、税理士さんに支払う報酬はほとんど決まっていました。 現在は廃止されているのですが、その名残が色濃く残っていますが、規定の廃止によって、相談無料の事務所が増えてきました。 まずは、税理士報酬規程についてみてゆきましょう。

かかるお金はどれくらい

実際に税理士さんに支払う報酬はいくらくらいのものなのでしょう。 税理士さんに支払う報酬は「売り上げ基準」と「作業量基準」という二つの基準があり、どちらかが採用されます。 このページでは税理士さんに支払うことになる報酬の基準と相場についてまとめます。

税理士さんに依頼する前に

当然のことですが、税理士さんにお仕事を依頼すると報酬を支払うことになります。 ですが、できるだけ支払うお金は少なくしたいのが人情ですよね。 そのためには、まず自分が税についてある程度の知識を手に入れておく必要があります。 調べて分からないことだけ聞くようにしましょう。